京都府支部入札鑑定

今回は岩手県盛岡市より、熊谷和平先生を講師としてお迎えしての入札鑑定会です。

1号 太刀に見える。

総柾太刀。手持ち軽い。
全体に少し細身で、元幅と先幅に差があり、腰反り気味で、しかし先まで反りを維持する鎌倉時代の太刀姿。
小鋒と言っていい大きさの鋒。鎬が高い。平地及び鎬地も柾。平地中央に親肌的な白く太い柾肌。
直刃だが中直刃寄りの焼き幅。匂い口深く、錵粒細かに明るく、柾肌に絡み働く。
どう見ても古保昌だが、保昌の長い物は以前手に取り拝見した重文在銘貞継を基準に見てしまう目があり、それ基準だとこの焼き刃は若く見なければならず困る。
焼き幅、焼き刃のバランス、刃調、働き等をとり、初代国包と入札。

2号 薙刀直し刀

古波平にみる姿。映るも健全さの加減から来ている様に思う。詰む地鉄を基本とするも、白く大肌が目立つ。
焼き刃の腰は刃先まで錵え、独特の雰囲気を醸し出す。途中からは匂い出来で小詰む刃。その部分は小反にも見える。上は直ぐ刃調であったり湾れたり。湾れ部は焼きが下がった結果に見える。
分からん。思い浮かぶどれも違うと思う。とりあえず小反に入れてその場から逃げたい。
長船師光と入札。


3号 短刀

重ね薄く少し反る。少し異風で、フクラ先が張りフクラは直線的だが、後からだと思う。
肌立つ大板目。奥行きはそれ程感じないかも。中央に大互の目崩れ(悪い意味の崩れではない)、帽子丸く、下でまた暴れる。
差し表の帽子が1月鑑定刀の宗昌親刀匠の裏帽子に似ていて独りで嬉しくなる。
なんでしょか。古刀か新刀か分からんが、古刀なら高木か加州でしょうか。。難しい。
加州真景と入札。


4号 刀

綾杉肌。鋒形状、姿及び佇まいは月山。直刃、総体に染み気味。少し節。
やはり月山でいいと思うのだが、普段見る奥州月山に比べ、綾杉の波長と振幅が少し違う気がして月山と書けず。。
舞草にも綾杉ってあるんだろか。
舞草と入札。

5号 寸延び

幅広でフクラ張らず。野暮ったくならない姿。反り気持ち強め。
棟寄りに幅狭く柾。地砥で目一杯立ててから落ち着けるのが楽しい良質の鍛え。
出羽大掾特有のくびれる互の目(丁子)や二個一互の目に砂流し。
出羽大掾国路と入札。


イヤ
時代違いイヤ
通り


2号、姿と地鉄の質と腰の錵刃を取り古波平と入札。
3号、新刀でしたか。。国広にしては野趣が強いが絞る眼力無しです。堀川国広と入札。
4号、これはアカン道に入ってしまった・・・。ダメな気100パーですが、ここは固持で行くしかない。宝寿と入札。


イヤ
同然
準同然

4号はやはり月山だそうで(泣)
2号、「何故”古波平”とみたのか、それを考え導き出しなさい」という趣旨のヒントを頂いたが、その的確なヒントに応えられず。適合度ゼロだが尻懸と入札。


イヤ
同然
準同然

1号  刀 銘 用恵国包作
2号 薙刀直し刀 銘 宝寿  貞和五年八月日
3号 短刀 銘 丹後守藤原廣幸
4号  刀 銘 軍勝作
5号 脇差 銘 出羽大掾藤原国路

2号宝寿。4号で舞草や宝寿にと入れたのでそれで満足し切り、2号には一切思い浮かばず・・・。
答えを聞くとなるほどそう見える。二札目の古波平は非常に良い札だったと思うが、その次に宝寿と入れなかったのが情けなく。普段この手の出来を見た時は毎回の様に古波平と宝寿を近い比重で思うのだが、今回は在銘の宝寿という事で大変ありがたい。基準を定める貴重な機会。

4号軍勝を一発で当てた方が居られ驚く。
お聞きしたら、「一度書いてみたかった(笑)」「10年に一度あるかないかの機会」との事で。
御謙遜とは思いますが、それ凄く分かります! 私も、鎬造り、重ね厚めで少し細め、若干鎬が高く、少し寂しいが繊細な柾気の働きがあり、微妙に沈み気味で細寄りの直刃。帽子は室町風情。そんな刀に”簀戸国次”と書いて入札したい。10年に一度あるかないか。。多分ないけれど。






また別の筆で

ちょっとまた別の筆を買ってみたり別の描き方にしてみたりで、全身押形で長い物を6口採拓。
鎌倉生ぶ在銘太刀、南北大磨上げ、南北大磨上げ、室町末期生ぶ在銘刀、土佐新刀、江戸新々刀。
江戸新々刀は二尺八寸弱で長い。
描いた刃文は全部で何十尺ですか。。二尺四寸表裏で四尺八寸でぇ・・・簡単な算数ですが何故だかややこし。。
最後に描いた手前から二番目の南北大磨上げの描き方が早いです。複雑な乱れ刃表裏で二時間程度でした。今度からはこれですな。




神田伯山/河内國平『刀剣と講談』

関西大学博物館にて開催された、神田伯山さんの講談、その後は伯山さんと河内國平刀匠の対談という大変楽しいイベントに行かせて頂きました。

古臭いと思われるでしょうが私、ごく最近のマイブームが浪曲で。。
押形を描きながらYouTubeで、「旅ぃ~行けぇば~・・・」と浪曲を楽しんでいたんです。
今日のイベントに講談がある事をあまり把握しておらず、有ると聞いてワクワクで。

私田舎者故プロの話芸にふれる事は殆どなく、小さい頃だと小学校低学年の頃に見た、横山ホットブラザーズさんくらいでしょうか。
当初は間寛平さんが来るとの事で、何か月も前から「かんぺいが来る!かんぺいが来る!」とかなりテンションが上がっていた記憶が。
しかし直前になり、”かんぺいが来ない”との噂。今思えば寛平さんが一番色々と大変だった時期だったのかも。
そしてその寛平さんの代わりで来たのが横山ホットブラザーズさん。
テンションMaxの私は体育館の舞台に半身を乗り出して見ていたのですが、確か当時も「お~ま~え~わ~あ~ほ~か~」をされていたような・・・。後に作られた記憶かなぁ。。大きなノコギリの映像は頭にあるんですが。

さて本日の舞台ですが、本当に楽しく、そして為になるものでした。
研ぎのプロとして圧倒的な仕事をしなければ、といつも思っている事ですが、改めて。
行ってよかった。




全身押形で難しいもの

片チリに比べると両チリの刀は圧倒的に少ないです。
部分押形程度ならよいのですが、全身となると実は両チリの刀は非常に難しいものです。
鎬の線がざっくりと出る様な採り方ならば簡単なのですが、明瞭で強い線をだそうとするとかなりの手間を要します。

そしてもう一つ、連れ樋の刀も激烈に難しく。。
こちらもざっくり線を出すだけなら簡単ですが、明瞭な線を出すにはかなりの修練が必要で。
今回の全身では時間も無く、実刀から線を出す事はあきらめ、あとは02のシャーペンと各種定規で作業を。

以前は石華墨でサッと引くだけの線でしたが、近藤先生から線の重要性をお教え頂き意識を改めました。
結果、輪郭やその他の線中に入る白い物は各段に減ったと思いますが、交点の正確さは私の線では全然ダメです。



8月も終わります

某日祇園。京都も人が増えましたが元に戻るのはまだ先ですね。

某日、北大路橋から南を望む。

某日四条大橋から川床。

子供らを連れて少し川遊びに。中学と高校生ですが喜んで来てくれました。父ちゃんが一番喜んでます。

上賀茂神社社家町。画像中央水色の軽自動車の家が以前の研場です。
本当に凄い奇跡的な品がまだ無登録で眠っていたりする、それが京都で。

京都五山送り火当日。西から、鳥居形、左大文字、舟形、妙、法、大文字の内、松ヶ崎の「法」の麓、点火前。
3年振りの全点火ですが、点火30分前に豪雨。どうなる事かと思いましたが無事の点火。
そうそう、この「法」の東面に内曇系砥石層の露頭があります。

熱田神宮」の「草薙館

7月後半から8月をざっくりと。
途中コロナ療養などありましたが、ひたすら研磨の日々です。



No.132

天然砥石比較No.132を刃引きに使用する。

この石は頂き物ですが、あく水(洗ソーダ水)で死んでいたので使用は困難と思い使わずにいました。
地砥などの硬い砥石は殆ど水を吸わないので大丈夫ですが、刃引き等柔らかめの砥石は洗ソーダを沢山吸い込みます。
ソーダ水は乾燥すると結晶化し、吸収乾燥を繰り返すと、山で雨ざらしの砥石が凍結と融解を繰り返し風化するのと同じく巣になってダメになります。そうなると普通の刀を引くとヒケが入り研磨力も落ち・・・。
今回の刀はかなり硬い刀。硬い刀は内曇りに苦労する訳ですが、一つ良い点をあげるなら、ヒケが入り難い事。という事でしっかり試したかったNo.132を引く。
結果大変良い石。研磨力は天然砥石比較で実証済みでしたが今回の感想はそれ以上で。
硬い刀にはヒケ無しで使え、今後頻繁に手にする事になりそうです。




ガチャガチャした場所で

先日ちょっとガチャガチャした場所で薄錆身の無銘短刀を拝見。
幅広内反り振袖茎。

以前拝見した短刀、入鹿實可。茎棟ラインや振り方や上身形状が独特で忘れる事の無い姿で。それと同じ。
先日の短刀も實可じゃなかろうか。
入鹿實可拝見。馬手差しのこと | 玉置美術刀剣研磨処|京都・左京区 (kyoto-katana.com)



入札鑑定記

コロナの影響で中止になっていた山鉾巡行が3年振りに開催されました。(写真は宵々山の長刀鉾)
観に行きたい気持ちを抑え、今日は入札鑑定会へ。

1号 刀
反り7分弱か。総柾。研ぎの具合でちょっと分かり難いが多分鎬地も柾目。柾が少し大きい。
匂いベースの直刃調で荒錵が付く箇所が全身に多数。荒錵による湯走りも。錵乾く。
帽子は丸で掃掛けというか火焔風。

国包の刃とは全く違う。末保昌と見える出来だが、末保昌の在銘は普通は無く、1号に置かない気がするし・・・。
ちょっと分からないので、仙台安倫と入札。


2号 刀
反り浅。重い。よく詰む。新々刀丁子。全体に映り気はあるも暗帯部を伴う明瞭な物ではない。
固山か宗寛だが鑑別法が分からず。

映りが明瞭じゃないので宗寛と入札。


3号 刀
少し反り気味。鎬が高く棟重ねが薄い。丸棟。腰に梵字と蓮台を表裏に。
大変良く詰み美しい地鉄。映りも全身に渡り美しく現れる。
刃文が少し異風で、腰開く互の目もあるが、角の丸い箱風やらなんやらかんやらと複雑に。帽子一枚。返りが太く、丸い互の目を間を詰めて長く連ねる。変わった刃だが地鉄由来の匂い口の密度で、きめ細かく良い刃。

造り込みは完全に藤島で、この刃文も藤島であってもおかしくは無いが、流石にここまでの地鉄は無いと思う。
長船祐光と入札。


4号 短刀
寸延びか。幅広。反りあり。棟寄り目立って柾。研ぎでパリッと仕立てた越前鉄。
刃文大湾れ。匂い口肌に絡む。

初代康継と書こうと思うも、2,3代でも有るよなぁこの地刃・・・となり、康継と入札。


5号 短刀
ザングる。フクラ枯れ気味。表裏2個づつ逆風の互の目。後は穏やか。

見た瞬間、堀川鉄と美平が混在。どちらを取るべきか。。
出羽大掾国路と入札。


時代違いイヤ



国入り

1号 末保昌と入札。
5号 美平に。





1号  刀 無銘 (保昌)
2号  刀  銘 應金田昌言需 備前介宗次作之 
         嘉永七年二月日 
3号  刀  銘 備前國住長船宗光
         明應六年八月吉日
4号 短刀  銘 於武州江戸越前康継(初代)
5号 短刀  銘 山城國埋忠慶隆(東山美平)





「関大と刀匠國平」

関西大学博物館にて河内國平先生の企画展が開催されます。
以下、関西大学博物館HPより

2022年度関西大学博物館夏季企画展 「関大と刀匠國平」の開催について

2022年度関西大学博物館夏季企画展 「関大と刀匠國平」

刀匠·河内國平が1966年(昭和41年)に関西大学を卒業してから本年で56年となります。在学中に末永雅雄博士から指導を受け、卒業と同時に宮入昭平刀匠に入門し、第一作を制作してから古刀ヘ近づくために80歳を超えた今でも日々作刀に没頭しています。そしてこの度、母校である関西大学において、夏季企画展「関大と刀匠國平」を開催する運びとなりました。「映り」の発見による「古刀再現」に向け、より充実した作刀を続ける河内國平の軌跡をご覧ください。

期間 :2022年7月18日(月)~10月10日(月)
時間 :10時~16時(入館は15:30まで)
休館日:日曜日、8/11-21、8/27、9/3、9/19(8/7、10/9は特別開館)
場所 :関西大学博物館特別展示室(関西大学千里山キャンパス 簡文館内)
入館料:無料

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によってはやむを得ず臨時休館させていただくことがあります。


イベント
講談・対談
神田伯山/河内國平『刀剣と講談』

日時  :2022年9月10日(土)14:00~16:00(開場13:30)
会場  :関西大学千里ホール(第1学舎)
出演  :神田伯山(講談師)・河内國平(刀匠)
参加費 :無料
定員  :400名(先着申込順)
申込受付:7月18日より開始

関西大学博物館HP