諸々

少し前に描かせて頂いた鎌倉初期かと思われる太刀の全身押形を引っ張り出し、色々確認。
初めて拝見した時から変わらずやはり凄い太刀で、これ系の最高峰の一つだと思う。区の踏ん張りの美しさが尋常ではない。
研ぐ立場で考えると、焼き落としの場合、焼き出し以下が一番減るもの。にも関わらずこの踏ん張りはちょっと普通ではない。

某企画の撮影・撮像その他でいつも大変お世話になっている方々が研ぎ場に集まる事になり。
異分野の方々のお話は私の様々な物事の源になる。

しばらく振りに岩国へ。また色々勉強になりました。ありがとうございました。

享保名物の押形を描く。健全で気持ちいい刀。
江戸中期以降の極めは色々あるが実は結構好きで。
ただ古極めをみると敬服させられる。




入札鑑定会

判者の時が度々でしたので、入札出来るのは2020年の2月以来です。
いやもう本当に楽しいものですね。
そしてぐったり疲れました。

4号 刀
 反りが強い。裏が樋中に梵字の浮彫など。信国か。
1号 短刀
 内反りだが刃のバランスから時代は上がらず室町。彫り物。信国かな。
3号 薙刀直造脇差
 互の目の頭が上へ下へと寄る。美平かぁ。
5号 片切脇差
 ザングリで片切なので堀川弘幸
2号 鎬造脇差
 多分以前見た応永備前。どちらかを覚えておらず、確か康光だったか。

 通り
 然
 イヤ
 イヤ
 当

全体をざっと流し見して2号以外は山城で揃えて下さったのだろうと、浅はかな読みをした事を大いに反省し冷静に再考。

1号短刀、フクラから上の刃幅と姿が研ぎ減りを考慮しても室町より上がるとは思えず。
樋や梵字が信国より少々大人しいと思う。ヒント間違いから延寿、法華一乗と入れたがそれぞれイヤで、やはり畿内との事。
ならば地の若さと刃の質で末手掻だと思う。 手掻包俊と入札

2号脇差、寸が短い鎬造り。差し込み研ぎの雰囲気と鎺上の梵字と素剣の深くて太い状態を覚えているが、銘を忘れ、康光で同然。

3号脇差、薙刀直造だがウブだと思う。丁度蛍光灯が無い場所で地鉄は見えないが良く詰んでいる。刃沸えは深い。棟を腰まで焼き下げる。
薙刀直造の脇差にしてはフクラ下~腰上が張らず、少々異風な姿。。刃肉が無い時独特の内曇りの効き方をしていて、肉が少ない事が分かる。
が、誰だか全く検討が付かず疲れる。。。。
何号刀の事かは不明だが「五」の文字に特徴がとのお話が聞こえて来てしまったので、「五」で答えを探そうと考えを巡らせてしまう意思の弱い私。。
大与五(笑)水田国重と入札。

4号刀、実は1札目でも信国には見えておらず。表の彫りが違うし刃にも信国の特徴がどこにも発見出来ず。ただ裏の彫りと反りが信国であっても良い様に思い。
下半が大人しく上半が皆焼。セオリー通りに行くべきか。
相州綱広と入札。

5号脇差、典型的ざんぐり肌。匂い口の雰囲気や刃の調子が過去に研がせて頂いた弘幸と同じ。
表の平造の姿が貞宗風をよく再現していて非常に美しい。
刀を造った事が無いので分からないが、姿造りはおそらく研ぐのと造るのではかなりの違いがあるはず。
貞宗の木型などがあれば再現する事は簡単なか。やった事は無いが、おそらく答えはNO。
押形や木型だけでは再現出来ない。刃と棟の線だけでなく、庵と茎の線や踏ん張り、全体の肉置きや特にフクラから鋒の肉置き、焼き刃との関係や、もしかしたら地鉄の色や雰囲気までもが関係するのかも知れず。とまぁこうなってくると、「貞宗風を再現」というのは間違っていて、その刀工の作風の確立なのだと思う。慶長新刀は凄い。(先日出先で国昌、国広、国徳、国時、弘幸等堀川物を同時に拝見しましたが、堀川物の層の厚さを再認識しました)

 然
 然
 当
 然
 当

1号 短刀 銘 南都住藤原包貞 
2号 脇差 銘 備州長船盛光
3号 脇差 銘 備中国水田住大与五国重
4号  刀 銘 相州住助広
5号 脇差 銘 平安城藤原弘幸

2020年2月以来の入札という事で、その月の入札鑑定記を見て笑ってしまった。
4号の助広がその時も出ていて、見方が成長していない。そして山城山張りも同じだった。。
日刀保京都府支部2月入札鑑定会 | 玉置美術刀剣研磨処|京都・左京区 (kyoto-katana.com)





時代劇から

「東映京都撮影所」閑散の今 – Yahoo!ニュース
ちょっと寂しいニュースです。
過去に時代劇映画等のお手伝いをさせて頂き、松竹や東映の撮影所には何度も行きました。
映像作品はほんの少しのシーンでも一度関わると4回5回と撮影所に行かねばならず、結構大変です。
しかし私の様に年中研ぎ場に籠っている人間にとっては、少しの間だけですが日常とかけ離れた世界に身を置く事が結構良い刺激になるんです。
全ての事に気を使い駆け回っている助監督さんやボロボロになって働いているADさん達を見ると、まぁ色々と考える訳です。。
さて、そんな撮影所さんがピンチとの事。
コロナ感染者の減少で京都市内の観光客は激増中ではありますが、外国人観光客の姿はまばら。というか殆ど居ませんね。
ほんの数年前からは考えられない状況です。東映さんは海外からの観光客も重要な収入源だったとの事ですし、厳しいですよねぇ。。

時代劇映画を見ると、刀が欲しくなるんです。特にリアルな時代劇を見ると確実に欲しくなります。
人を斬りたくなるとかそういう事ではありません。そばに一口置きたくなるんです。(私特に研師ですので、刀は美しい物、美しく研ぎ上げる物。ティッシュペーパーですら刃先と直角方向に擦れる事を嫌うわけですから何かを斬りたくなる衝動など生まれようがありません)
民放時代劇ドラマが無くなりましたが、映画ももう無理なんですかねぇ・・・。
ちょうど昨日ですが、マーティンがあまりに器用なので「なんで?」と聞くと、小さい頃からスロバキアで木の日本刀やら鉄板の手裏剣やらを沢山作っていたそうな。侍movie、忍者movieが大好きなkidsだったそうです。






日刀保京都府支部入札鑑定会

先日、10月の支部例会が開催されました。昨年10月以来、ちょうど1年振りの開催です。

鑑定刀

1号 太刀  銘 助長(長船)  重要刀剣
2号 脇差  銘 武州下原住照重
3号  刀 無銘(真守)     重要刀剣
4号 脇差  銘 和泉守藤原国貞
5号 太刀  銘 一(福岡一文字)重要刀剣
6号 脇差  銘 於大坂和泉守国貞作之
7号 太刀  銘 備州長船兼光  重要美術品


1号 太刀 銘、助長


3号  刀 無銘、(真守)


5号 太刀 銘、一(福岡一文字)


7号 太刀 銘、備州長船兼光

1号助長は長光に近い立場の工人と思われ、よく詰む長船地鉄に長光晩年の様な直刃を焼いています。映りは刃に寄るタイプ。
2号下原は、寸がかなり延びる平身。匂い口の沈む小錵の乱れ刃。如輪杢にはなっていませんが板目杢目が肌立ち、光に透かした時の肌立ち具合が下原特有の出来。
3号真守は私には難しい出来で、消去法でも辿り着く自信はありません。。しかし先日ブログに書いた学生さんは守家に同様の出来を見た事があると仰っていましたので、経験を積めば見えて来るのかも。
4号親国、多数ある親国の中でも良く詰むタイプ。いつも通りの大変素晴らしい匂い口。
5号一文字は福岡。総体に詰んで綺麗な地鉄。何より「一」の在銘が貴重です。
6号親国、見応えの有るタイプの地鉄。いつも通りの大変素晴らしい匂い口で、互の目の沸えの着き方と中央部の抜け方がこれもいつも通り。
現代刀匠さんから研ぎをお預かりしたとき、この抜け部がコリコリと盛り上がる事を嫌い、抑えられないか?と言われた事が何度かありますが、やはり現代刀匠さんの視点レベルは高いです。現代刀匠さんのこういう見方はおそらく一般ユーザーは知らないと思う。
7号兼光。兼光の凄さは地鉄に有り。それを完全に現した刀です。



思い出しました

先日の押形が何かを思い出しました。
少しだけ頭の隅にあったのですが、まさかあの厳しい日程の中、描いている訳がないし・・・と、思いの中から除外していて。
あまりに時間が無い中で夜中に無の状態で描いたので物だけが残り記憶にはなかったようです。



入札鑑定

私は”鑑定至上主義者ではない”という事を一応先に書いておきます。
その上で、入札鑑定は楽しくて大好きです。
まずまず当たる事も多い方だとは思いますが大外しも頻繁で、結局当たるから楽しい訳ではありません。そりゃまぁ当たると嬉しいわけですが、外れても楽しめるのが入札鑑定で。
支部会に入った頃は多分、会の中で私が一番若かったはずです。
筋の良い入札や当たりだった時など、判者で当時支部長だった故生谷先生が本当に嬉しそうな笑顔で褒めて下さった事をよく覚えています。

コロナの影響で支部会が開催出来ない月が続きました。前回はちょうど1年前の10月。その時学生さんが入会されました。(若い方の入会はありがたい。もちろんご年配の方も大歓迎です!)
入って早々鑑定入札。若者を大事に思うベテランさん達が何やら色々とアドバイスをされている様で、ちょっと良い札だったりしつつ、その日は終了。
そしてようやく、1年振りとなる支部会が昨日開催されました。
その若者がまた参加して下さり、誰からのアドバイスも受けず完全にお一人での入札を。
その札は、鎌倉中期、中後期、末期、南北、新古境、寛永と全ての時代を的確に捉え、刃文鑑定だけでなく地鉄から位や流派を判断した素晴らしい物でした。 ”え?研師?!”って思っちゃいましたが、学生さんです。
凄過ぎたのでちょっと聞きましたら、「特訓して来ました」と。入札鑑定って特訓で出来る様になるんですか。。
単に刀個体の記憶の蓄積の場合、例えば初めて参加する会に行き、何度も出ている刀が複数出題された場合などは、会のベテランさん達に太刀打ち出来るものではありません(悪く捉えないでくださいm(__)m)。
しかしこの方の様な見方とセンスを以てすれば、初めての会でもビシバシ上位の成績をとっちゃう事が出来るでしょう。
生谷先生に会わせたい。





無題

支部例会の準備で、光忠長光景光などの全身押形で確認したい事があり、押形を入れている筒から色々と引っ張り出しまして・・・。

鑑賞会で見た刀は時間が経つと忘れてしまう事があります(完全に忘れるわけではありませんが、どうしても他の刀と混同したり、記憶の底にしずんだり)。展覧会でガラス越しに見た刀は、残念ながらもっと記憶に残りません。
研磨させて頂いた刀は、何年何十年前の物でも普通は見た瞬間に分かります。そして押形も、何年前の物であっても記憶は鮮明で、もしかしたら研磨した刀より、もっと具体的に色々と頭に残っているかもしれないくらいです。
で、昨夜押形を色々出す中、この押形を開いて正直衝撃的な程に驚いたのですが、全く記憶に無く。。
元幅一寸以上、鋒長も10㎝以上でしょうか。一瞬私の押形ではなく、誰かから頂戴した物かとも思ったのですが、やはりどう見ても私の描き方で。
樋の有る刀は、チリの線と鎬線を綺麗に採ろうとすると樋の中が汚れるのですが、いつも完成後綺麗に修正しています。しかしこの押形は修正も出来ておらず汚いまま状態。ただ刃文描写は結構丁寧に行っています。
これなんでしょか。。ちょっと考えます。



全身押形完成

制作途中だった鎌倉末期在銘太刀の全身押形を今夜完成させました。
やはり直刃は早い(時間短縮のため墨は一切使用せず)。映りが元から先まで途切れる事無く続き、映り描写の方が時間が掛かったか(これだけ途切れずほぼ均一に続く映りは実はそんなに多くはありません)。
直刃とはいえ完全な直刃ではなく、微妙に揺らいでいます。手に取り白熱灯に透かしてみれば、微妙に揺らぐどころか、小足、逆足、片落ち風など様々な働きが(透かして見る角度だと密集して見る事になり、より強調されて見えます)。この微妙さを押形に完全再現するにはかなりの時間が必要ですが、今回は時間もかけられず、延べ5時間程度。



押形もやってます

研磨に出張にと非常に忙しくさせて頂いておりますが、研磨で体が動かなくなった後は、出来る限り押形作業も続けています。
最近では鎌倉前期無銘太刀全身、平安末~鎌倉前期無銘太刀全身、鎌倉末期無銘太刀全身、現代太刀全身、応永在銘寸延、鎌倉末期在銘太刀全身、鎌倉中期在銘太刀全身(途中)、鎌倉末期在銘太刀全身(途中)。
時間と体力の問題もありますが、どうしても残しておきたい物が多く。。にしても限界もあり、残念ながらスルーする刀も。
やはり刃文描写の時間短縮が鍵です。あとはどのタイプの押形を選択するかですね。



副長の。

昨日から公開の映画「燃えよ剣」。
劇中、副長土方が持つ刀はこの和泉守兼定です。
13ac85424406b61f9a9cd1e26f9b918b.jpg (5727×986) (kyoto-katana.com)
会津11代ではなく、司馬遼太郎の原作通り、”ノサダ”。
そして原田眞人監督のこだわりから、本物のこの和泉守兼定が使用されました。
劇中での使用を快くお許しくださった御持ち主様には心より御礼申し上げます。(本当にありがとうございました。もちろん殺陣シーンでの使用はありません。ポスター撮影や本編中本物の質感が必要な幾つかのシーンに限られています。)