ブログ blog

副長の。New!!

昨日から公開の映画「燃えよ剣」。劇中で副長土方が持つ刀はこの和泉守兼㝎です。13ac85424406b61f9a9cd1e26f9b918b.jpg (5727×986) (kyoto-katana.com)会津11代で […]

続きを読む
色々

数日長船。いつも大変お世話になっている職方さん達や学芸員さん達にお会い出来ました。”備前おさふね刀剣の里”は大好きな場所です。 特重指定展。たまたま一人でゆっくり鑑賞出来る貴重な時間でした。 研ぎ場にて享保名物含む貴重な […]

続きを読む
無題

今日も体が動かなくなるまで研ぎを頑張りました。レベッカ(1986年早稲田GIG)みて寝ます。。 youtubeこのアンコール曲しか貼れず。。本当は全6曲聞く(みる)とより元気になれます。

続きを読む
擂る

焼いた鉄肌を全部擂るのは時間が掛かります。何日もかけて全部擂ったが全然ダメ拭いだった・・・なんて事も普通にありますので、まずは少量を。最初は大き目の乳鉢で。擂り棒も大きく重い。一日中新作刀の下地をやった後の腕にはスマホの […]

続きを読む

研磨記録

  • 古刀

    古刀
  • 新刀

    新刀
  • 新々刀

    新々刀
  • 現代刀

    現代刀
  • 研磨外

    研磨外
  • その他

    その他

刀剣研磨とは

錆びた刀がお手元にある場合、「良く切れる様に」「錆を落としたい」と、もしもご自分で研磨をされるような事があれば、その価値を大きく落とし、後世に伝えるべき刀の寿命を縮めてしまう事になりかねません。

刀剣の研磨は、棟・鎬地・平地・横手・鋒等各所の肉置きを整えつつ錆を除去し刀本来のあるべき姿に研ぎ上げ、さらに地刃の働きを引出し或いは抑え、鑑賞に相応しい状態に仕上げて行く、総工程十日~二十日以上に及ぶ作業です。「刀剣研磨」とは、他の刃物類の研磨とは全く違う世界なのです。

Scroll Up
MENU