ブログ blog

天然砥石比較 112〜113New!!

No.112厚さ5cm。表裏とも面が付いています。側面を見ると表裏で多少質が違う様です。 表面砥石硬度  6/10研磨力 4/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 掛かりが今一なので裏を。。 裏面砥石硬度  6/10研磨力 […]

続きを読む
天然砥石比較 110〜111New!!

No.110砥石硬度  4/10研磨力 5/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 No.111砥石硬度  6/10研磨力 5/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 No.110 厚さ5㎝以上。一瞬大平じゃなく見えますが大平で […]

続きを読む
天然砥石比較 108~109New!!

No.108砥石硬度  5/10研磨力 1/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 No.109砥石硬度  5/10研磨力 7/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 No.108は結構以前から持っていますが、使った記憶がありま […]

続きを読む
天然砥石比較  107

砥石硬度  3/10研磨力 6/10刀身は末相州。刀身硬度6/10 数十年前に産出された菖蒲。大型の砥石で厚みも購入時は53mmあり、堂々の佇まい。おそらく5、6年前に購入し、しっかりした焼きの刀に対するメインの砥石とし […]

続きを読む

研磨記録

  • 古刀

    古刀
  • 新刀

    新刀
  • 新々刀

    新々刀
  • 現代刀

    現代刀
  • 研磨外

    研磨外
  • その他

    その他

刀剣研磨とは

錆びた刀がお手元にある場合、「良く切れる様に」「錆を落としたい」と、もしもご自分で研磨をされるような事があれば、その価値を大きく落とし、後世に伝えるべき刀の寿命を縮めてしまう事になりかねません。

刀剣の研磨は、棟・鎬地・平地・横手・鋒等各所の肉置きを整えつつ錆を除去し刀本来のあるべき姿に研ぎ上げ、さらに地刃の働きを引出し或いは抑え、鑑賞に相応しい状態に仕上げて行く、総工程十日~二十日以上に及ぶ作業です。「刀剣研磨」とは、他の刃物類の研磨とは全く違う世界なのです。

Scroll Up
MENU