ブログ blog

古宇多New!!

古宇多と思われる直刃の刀を研磨させて頂きました。無銘ですので見方は色々ですが、古宇多の見方が一番妥当と思います。昔から度々ですが、無銘で出来が良い刀だなぁと思っていて、その後審査に出され、付いた極めが「古宇多」。結構あり […]

続きを読む
京都府支部入札鑑定New!!

今回は本部より武田先生をお招きしての入札鑑定会でした。 1号 太刀長寸で重量たっぷり。切っ先は小さく、元幅があって踏ん張りが強い。先伏さず先まで反りを維持。板目杢目が肌立つ。地斑映りが鮮明で、樋が無ければ鎬地まで明瞭に映 […]

続きを読む
越前下坂某

平身で越前下坂某の銘のある内曇りを引く。改正~細名倉でも砥当たりの良さを感じていましたが、内曇りで確信です。内曇りの引き味は鎌倉時代と同等。単に柔らかいだけの物なら室町から現代まで沢山存在していますが、内曇りの効きが早く […]

続きを読む
鉈で

家の裏にあった直径20㎝弱の枯れたキンモクセイの木を切り倒し、ごみ収集車が持って行ってくれるよう、50センチ程度に切り刻みました。根も出来るだけ掘り、掘り切れない部分は切断し切り株も撤去。道具箱にあったノコギリは内曇りを […]

続きを読む

研磨記録

  • 古刀

    古刀
  • 新刀・新々刀・現代刀

    新刀・新々刀・現代刀
  • その他

    その他

刀剣研磨とは

錆びた刀がお手元にある場合、「良く切れる様に」「錆を落としたい」と、もしもご自分で研磨をされるような事があれば、その価値を大きく落とし、後世に伝えるべき刀の寿命を縮めてしまう事になりかねません。

刀剣の研磨は、棟・鎬地・平地・横手・鋒等各所の肉置きを整えつつ錆を除去し刀本来のあるべき姿に研ぎ上げ、さらに地刃の働きを引出し或いは抑え、鑑賞に相応しい状態に仕上げて行く、総工程十日~二十日以上に及ぶ作業です。「刀剣研磨」とは、他の刃物類の研磨とは全く違う世界なのです。

Scroll Up
MENU