刀 「兼」以下切れ

少し短い茎となるいささか中途半端な位置で切断しており、この刀を之定とする為そうしたのではなかろうか。
中宮敬堂の鞘書では「兼房」としており、現在の鑑定では「兼則」である。
茎を見ると銘の二文字目第一画のタガネ跡の様な物が残る。
その「点」は中央上部にあり、それを重視するならば鞘書の通り「兼房」とも考えられる。
しかしそれを、この刀を之定にせんとする為の物と考え、あえて上身の出来のみから鑑定するならば、兼則と見るのが妥当ではなかろうか。