≪新刀≫武蔵 上総介藤原兼重

刀、銘 上総介藤原兼重(江戸時代前期)

刃長 二尺四寸九分五厘 反り 六分

kanesige
和泉守兼重の子あるいは弟子と言われる上総介兼重である。
長寸で重ねの厚い剛刀。 地強く沸付きさまで詰まず、刃中働き見事。
押し型ではうるさくなり過ぎるので省略した。(押し形の技量が足りず描き切れなかったと言うのが本当の所だが)
内曇を引いていてもシャリシャリと喰いつきの良い鉄で、こういう刀は研磨もより楽しいものである。