≪古刀≫伯耆 古伯耆

太刀、無銘 古伯耆 平安時代~鎌倉時代初期

刃長 二尺五寸 反り 一寸

kohouki
ウブ茎無銘で、元々は伯耆安綱と伝えられていたが現在は”古伯耆”と極められている太刀である。
古伯耆は時代古く日本刀の源流とも言える物の一つである。
焼き出しを落としている物が多いなかで、本作はウブ茎だが焼き落としは見られない。しかし伯耆物の特徴の一つでもある刃肌を見せ、安綱などにも共通する荒いながらも深みの有る地鉄。
いささか疲れも感じられるが、身幅広く重ねも保たれ目釘穴の位置もウブ。 この頃の品には帽子の抜けている物も多いが本作はしっかり残っており保存の良さが見て取れ極めて貴重な太刀だと感じる。