≪古刀≫大和 金房政定

短刀 銘 金房左衛門尉政定 (室町時代末期・永禄頃 大和国)

刃長 七寸九分 無反り

masasada3

大和国金房派、左衛門尉政定の短刀である。
金房派の系譜については未だ不明な点が多いが、日本刀名鑑などには「手掻の末のようで」と記述されており、末手掻説が有力のようだ。
「金房」は一般的に「かなぼう」と読むが、地元では「かなんぼう」と呼ぶそうである。
因みに宝蔵院流の槍を習っていた知人も「かなんぼう」と呼んでいた。(日本刀名鑑では「かなんぼう」と表記)

この派には、正次、正真、正実、政長、政定、政貞、政次などが居り、「正」と「政」の字を通り字としていることが分かる。

金房派の作品は刀、槍、薙刀などを多く見るが短刀に出会う事は少ない。
(日本刀随感では金房の短刀について「少なく稀である」とされており、日本刀工辞典では正真(まさざね)の項で「刀、短刀、槍、十文字槍が多い」としている。)
主に僧兵の需要に応じていたようで、槍や薙刀など実用刀を多く製作していたと思われる。

刃文は広直刃や腰開きの互の目など平高田や末備前に似た物が多く、日本刀大百科事典によると祐定や清光風の物が多いため江戸期には奈良備前とも呼ばれて居たとある。

押形の短刀は重ね尋常で身幅少し狭め。 働きの有る細直刃で、激しく沸付く返りを腰まで焼き下げている。
刃も明るく、末手掻の短刀を見るようであった。