晴れた研ぎに

少し前、埋忠展に。
楽しみにしていた図録。最近の図録は素晴らしい論文が掲載される事も多く、それ一冊でもう全部OKな感じで非常にありがたいです。
大鑑並といえば、そんなもんじゃないと叱られそうですが、それ程の価値があると思います。

展覧会には山城物、大和物、備前物、相州物、北国物など色々並びますので、比較しやすいですね。
本当はそんなつもりではないのですが、嫌でもそうなってしまいますので仕方ない。
そうなるとやはり、備前物の晴れやかな鉄質が一際目立ちます。
晴れた研ぎが求められる事がよく分かります。

前の記事

埋忠刀譜

次の記事

図録には押形もNew!!