ブログ

押形UP

2017年09月29日【ブログ】

研磨記録、研磨外の部、山城国に信濃守國廣の押形をUPしました。
研磨記録、研磨外の部、山城国に出羽大掾國路の押形をUPしました。
研磨記録、研磨外の部、備前国に古備前景安の押形をUPしました。

HPに押形UP

2017年09月29日【ブログ】

研磨記録ページ、古刀、山城国に粟田口の押形をUP
研磨記録ページ、研磨外、山城国に菊御作の押形をUP

印刷しました

2017年09月19日【ブログ】

IMG_7652
先日描いた刀絵図を印刷しました。
真ん中が原画。左が最初の印刷で右が後。(写りかげんで刀身の長さが違って見えますがほぼ原寸での印刷です)
校正不足から最初の印刷は失敗に。七千円無駄にしちゃいました。
色調整や配置などを変えて再度印刷。2度目は一万円程掛かりましたが綺麗な仕上がり。

IMG_7653IMG_7654IMG_7655
データを大きめにしていますので荒くはならず。
原画よりも印刷の方が濃くて見栄えします。
じゃぁ原画を濃くとも思うのですが、最近薄いのが好きで。

太刀の押形、刃文がつながる

2017年09月09日【ブログ】

IMG_7604
先日来の太刀の押形、表裏の刃文がつながりました。
刀を手に取り電球に透かして鑑賞すると、足が沢山入り、働きも豊富な刃文。
押形になったものを正面から見ると寂しく感じるものです。
しかしその押形を刀を鑑賞する様に斜めから見ると、刀を手に取り電球に透かして見るのと同じ状態に見えます。
当たり前の事ですが案外忘れがちです。 押形を見る時はその事を理解しなければいけません。

直刃は早い

2017年09月08日【ブログ】

IMG_7601
昨日茎と輪郭をとった太刀の全身押形、佩表の刃文を描く。
なんだかんだ言ってもやはり直刃は早い。

IMG_7600
短刀全身完成。
こういうタガネ枕の立った銘、次はあれを試そう次こそあのやり方を試してみようと思いつつ毎回忘れちゃうんです。次こそ本当に試してみよう。

IMG_7599
鎌倉末期磨上げ在銘太刀の押形、茎と輪郭をとりました。
時間をつくり、また全身の刃文を描きます。