≪古刀≫備前 畠田守家

太刀 銘 守家  (鎌倉時代中期 備前国)

刃長 二尺一寸五分弱 反り四分

moriie4
長船に隣接する畠田に住したと言われる守家は、長船派の祖である光忠とほぼ同時代、鎌倉中期に活躍した刀工である。
現存する守家銘の書体はさまざま有り、同名が数代続くと考えられるが、未だ正確な代別は困難とされる。
名品刀絵圖聚成や重刀図譜などの解説によると、守家は古来「畠田守家」と通称されるが”長船住”と銘する事は有っても”畠田住”と銘を切る例が無い事から、 畠田は長船邑(むら)の字だったのではないかとする説や、晩年に畠田派が長船派に吸収されたのではないかとする説など様々ある。

押形の守家は、この工の特徴でも有る蛙子丁子を交える刃を焼き、乱れ映りの鮮明な鍛え。
名品が特に多い初期重要刀剣の一振りで「初代守家と鑑せられる」として指定を受けている。
moriie