≪古刀≫備前 小反り

刀、大磨上無銘 小反り (南北朝期 備前国)

kozorizennsinn2-2

大磨り上げ無銘で、”小反り”と極められている。
小反りの正確な意味は未だ不明で説は様々あり、小反り系とされる刀工はかなりの数に上る。
日本刀備前傳大鑑を見ると小反りの語源について、「二尺前後で少し反りがあるから」或いは「大宮一派の居住地大宮の南方小道里(こどうり)付近に住した事から」、 また「その辺りの山蔭にこっそり集まったから」などの推論があげられている。

協会本部からの鑑定刀に小反り物を持ってきて頂く事がしばしばあるが、やはり語源について定説は無いとした上で「挙る(こぞる)」を語源の有力な可能性としてあげ、 系統不明の一代鍛冶の総称で有るとの解説をされている(一部の兼光系鍛冶も小反りに含むようである)。

作風の傾向は、刃文が小模様に成る事や異様に重ねの厚い物がある事など。

押形の刀は、大磨り上げ反り浅で切っ先が延び重ね尋常。 南北朝期の大磨り上げの典型的な姿。
刃文は小反りにしてはさまでこづまず、兼光系に近い雰囲気を感じる。(兼光系に近い出来である事も小反りの特徴の一つ)

地刃共に穏やかな出来だが「いかにも物切れしそうな」とはこういう刀を言うのであろうか。
自らの命を託す一振りにはこの様な品を選ぶべきかも知れない。