≪古刀≫越中 古宇多

古宇多 大磨り上げ無銘 鎌倉時代末期~南北朝期

越中 古宇多

宇多と聞くと傍物、数打ちなどとあまり良いイメージを浮かべない方も多いかも知れない。
実際市場価格などにもそれが反映されているようにも思える。確かに室町時代の宇多物には備前や高田の数打ち物に似た、地が荒くカス立った物を多く見かける。しかし全てがそうではなく、鎌倉末期~南北朝期の国光、国宗、国房など”古宇多”と呼ばれる物には特にすばらしい出来が多数存在する。
色々な手があり大和色の強い物、則重風の物、江に近似する物などが有る。
押し型の刀は刃が冴え沸明るく、柾がかった刃寄りに沿い働きを見せ、古宇多の魅力を再認識させてくれる、すばらしい刀であった。