越前下坂某

平身で越前下坂某の銘のある内曇りを引く。
改正~細名倉でも砥当たりの良さを感じていましたが、内曇りで確信です。
内曇りの引き味は鎌倉時代と同等。単に柔らかいだけの物なら室町から現代まで沢山存在していますが、内曇りの効きが早く、しかし張りがあり地刃共に明るい、こんな刀は普通は鎌倉です。ただ、あるんですよねぇ慶長には。
今回の下坂某、地鉄は典型的越前鉄で刃文も下坂系と一目で分かる物ですが、地と刃がほんの僅か違えば立ち所に鎌倉か南北朝の最上作です。沢山化けている事でしょう。慶長新刀は凄いです。

前の記事

鉈で

次の記事

京都府支部入札鑑定New!!