ブログ

全身押形を描く

2016年11月29日【ブログ】

img_5823
平脇差。刃区、棟区ともに大変深い。
目釘穴が非常に大きく茎の重ねも大変厚い。

img_5828
身幅広く、重ね厚い。
先にも反りが加わり、フクラが張る。
この工の作を見た事がある方には輪郭だけで誰の作か分かりますね。

手引きの

2016年10月31日【ブログ】

現代の天然砥石は下の画像に写る様な機械の丸鋸で切断しますので、砥石側面にはその形状の痕跡が残ります。

131246920108613213675_img_4942
img_5648

砥石屋さんに居座り古い天然砥の山に乗り足元をひっくり返したり掘り返したりしていると極稀に手引き鋸の跡が残る砥石を発見する事があります。
img_5650
それはこの画像の様に柾目状の切断痕です。(確か手引きの石を持っていたはずですが見つからないので板の柾目画像を)

戦前までは手引きだったと言う話は度々聞きますが、実際の”手引き鋸”は最近初めて見ました。
img_5534
これ、大きく重い。
こいつの両端を二人でそれぞれ持ち、交互に引いて砥石を切断するのです。
相手が砥石なので鋸もすぐに切れ止みます。鋸の刃を研ぎながらの作業だったでしょう。
一本の砥石を切り出すだけでも大変な労力。
砥石に限らず石垣の石も木の柱も板もみんな手で切り出していた。。
いちいち凄いです。

菖蒲を

2016年10月27日【ブログ】

img_5574
ちょっと久々に菖蒲を試す。
16,7年前でしょうか、水木原をあちこち探し回っていたとき出合った菖蒲の100型を十二本買った事があるが、それに比べると立派で大きい。
(一番右が通常サイズの内曇。内曇は通常の規格と少しズレていて30型に近い。)
菖蒲独特の砥質。なるほどねぇ~。

天然砥石館のオープン

2016年10月24日【ブログ】

京都府亀岡市に天然砥石館がオープンするという事でそのイベントがあり、刀剣研磨の実演をさせて頂きました。

img_5552
立派な天然砥石が多数並びます。

img_5553
こちらは各地の天然砥石見本。

img_5561
イベントは二日間行われましたが、大変多くの来場者でかなりの賑わいでした。
削ろう会の方がたの実演。
テレビの映像などで度々見ますが生で見たのは初めてです。いや本当に見事!凄い!
img_5559
削った面。
手で触り、「わぁ、ツルツル!」と言うシーンも度々テレビで見ますが、私も「おぉぉぉっ」っと唸ってしまいました。
想像を超えます。

img_5532
こちらはなんと浄教寺砥(じょうけんじと・常見寺砥)。
一生見る事は出来無いと思っていましたがあるんですねぇ。驚きました。

天然砥石館、正式オープンはまだ先のようです。
今後が楽しみです。

よい石華墨を

2016年10月18日【ブログ】

img_5526
在銘の末保昌。珍しい品です。
時代を超えて続く流派は多くはありません。保昌も末になると殆ど見ずです。
理由を考えると幾つか上がります。 一時は色々大変だった事でしょう。物事とはそういうものですね。

支部会の時、白金師上野さんから石華墨を頂戴しました。
以前から話には聞いて居た物ですが初めて使います。(上の末保昌は別の石華墨)
説明書きに「二十年以上前まで販売されていた最高品質の石華墨を可能な限り再現しております」とありますが、その言葉通りの品です。
ありがとうございました。

日刀保京都府支部10月例会

2016年10月17日【ブログ】

府立文化芸術会館にて例会。

午前、有志によるミニ鑑賞会。
忠綱、盛光等メジャーどころから、普段はあまり聞き慣れない刀工銘だが大切に受け継がれた刀、自作の拵えを掛け楽しみながら愛でる刀など、多彩な内容。
支部長からは両刃短刀の上限年紀について度々きかれる説に一石を投じる内容を実刀を以って解説していただく。

午後、入札鑑定会。

 

一号 刀

反り非常に浅い。二尺五寸弱ほどあるか。切っ先延びず。新刀。総体に焼き高く華やか。刃中大変よく錵える。
親国の匂い口。

親国貞と入札。

 

二号 脇差

鎬造り。寸詰まる。ハバキ上で丸留め棒樋。切っ先延びる。反り浅く寸詰まるも美しい姿。
焼き低く、湾れに互の目。帽子尖り特長的。匂い出来で深い。地詰み気味で板目混じり。
良い研ぎ。刃中の艶やかさが凄い。効く刃引きを弱力で丹念に引いているのか。保管に油を塗っていないためか全体にその態の曇りがあり惜しいが元は絶妙の内曇によるナルメの明るさも栄えていたと思う。

国広と入札。

三号 刀(太刀?)

反り少し深め。棒樋。互の目と丁子。房しっかりと。少し白い肌。全体によく映る。部分明瞭に乱れ映る。肉落ち総体に刃少し潤む。腰少し硬め。横手下広直調、帽子古調。
角度により足がよく見える。

石堂是一と入札。

 

四号 脇差(片切刃)

短め。反り少し強め。表切刃、裏平。詰み気味。匂い口絶妙に小錵。地刃明るい。

一号と同質の刃。親国貞と入札。

 

五号 刀

短め。鎬高。だが優しい印象。美濃系の雰囲気の刃文。よく詰む地で明るさを持つ。物打付近は絞まるが総体に小錵。(基本的に焼き頭方向が錵え谷付近が匂い出来)。

難しく迷う。小ぶりで美濃風。金道の美濃風とは地鉄と姿が全く違うが他の選択肢が出ず。
初代金道と入札。

 



イヤ

三号 福岡一文字と入札
五号 出羽大掾と入札





同然

 

一号 刀  銘 和泉守国貞(真改国貞)  重要刀剣
二号 脇差 銘 国広(堀川)
三号 太刀 銘 一(福岡一文字)重要刀剣
四号 脇差 銘 於大阪和泉守国貞作之
五号 刀  銘 和泉守藤原国貞

 

一号、後で気付いたが、十年少々前研磨させて頂いた真改國貞に大変近い。研磨記録
おそらくかなり近い時期の作刀と思われる。地刃の質が大変似るが、ヒョコッと飛び出る小さい刃も全く同じ。これを刃取りで切るべきか切らざるべきかと悩んだ末、切らずに刃取った記憶があるが今ならどの選択にするだろうか。
以前研磨コンクールで見た「肥前国住武蔵大掾藤原忠廣」や現代刀「岸昭吉作」の研磨。私の目指す刃取りの完成形がそこにあったが、互の目をあの様に大胆に切ってしまう刃取りはあまりに衝撃的過ぎた。私には未だあの様な刃取りが出来る兆候はない。
五号親国、後で思えば四号の差し裏と同質な地の明るさ。一尺三、四寸と短寸な鎬作りで反り深の脇差や、本刀の様に短寸で優しい姿の刀が親國には度々見られるが、それと素直に結び付けられれば当てられるかも知れない。これも後で気付いたが、五号の小錵部は1、4と同質。

img_5523