古備前正恒

2020年05月25日

IMG_0776
太刀、銘 正恒(古備前)

31回目は古備前正恒、生茎在銘の太刀です。
正恒は友成と並び古備前派を代表する刀工で、古備前派の中でも特に鍛えが優れる刀工の一人です。
押形の正恒も、板目に杢が交じりよく詰む定評通りの地鉄で、映りも鮮明に現れています。
刃文は古備前派としてはかなり華やかな出来となり、ここにも正恒の見所が示されています。
数少ない正恒生茎の太刀であり、出来、保存状態ともに完璧な名刀中の名刀です。

この全身押形は久々に少し八の字配置で採拓しましたが、この方が安定感のある印象になりますね。