祐光

2020年05月10日

IMG_1020
短刀、銘 備州長船祐光(敷地神社蔵)

25回目になりました。敷地神社様の短刀です。

室町時代の備前物は初期応永頃の物を応永備前、永享頃を永享備前、室町時代も後期に入る少し前、応仁頃以降の物を末備前と呼んでいます。
銘鑑で祐光をみますと室町初期永享頃の祐光を初代とし以降多数の記載がありますが、祐光や同時代に活躍した則光なども含め末備前に分類する場合が多いと思います。

この短刀は、”わら天神”の名で親しまれ、安産祈願で有名な敷地神社(京都市北区)の蔵刀です。
奉納刀の可能性が高いと思われますが、いつ頃どの様な経緯で奉納されたか等、詳細は不明との事。
刃長七寸、無反り、重ねの厚い末備前の典型的作品です。

敷地神社(わら天神宮)HP