無題

2016年02月14日

発想力は大事。
ずっとクリアしたい研磨法があった。 この状態に持って行く事が出来ない事は見れば分かるので、「私には出来ません」と研磨をお断りする事もあった。
しかしそれでもと研磨をさせて頂ける事も度々あり、そういう機会は誠に貴重。前回研いだ研師の状態に追いつくためにあらゆる手を尽くす。
それに関しては今年ようやくある程度追い着けてきた。
それにしても、以前より素晴らしい研磨法だとは思っていたが、これをやっていた研師のセンスは本当に凄いと思う。
私などは、その手本を元に真似が出来たわけだが、この状態が良いという感性でここまで持ってきた研師は本当に凄い。それに、現物を見てさらに現物を研ぎ直したとしてもその状態に持って行くまで何年も掛かるわけで、パイオニアさんは本当に凄い。

鎌倉期、重文太刀二振り拝見。
何故最上作なのか、こういう品を手に取るとその理由が眼底に刻まれる。

久々に古伊万里の油壺が欲しくなった。

南北朝期、相伝大切っ先の刀、全身絵図片面終了。
久々に薄い墨で描く。薄墨にはまるかも知れない。性格的に合う気がする。刀に合うのではなく性格に合う気がする。本当は刀に合わなくてはいけないが・・・。