色々と

2015年11月06日

研ぎ場にて吉井拝見。短刀。
整って大変位の高い姿。
刃先、棟角、茎刃方、茎棟、茎尻、全てかっこいい。
個人的に今まで吉井の小互の目はあまり好みでは無かったが、こんな姿なら惚れてしまう。
今回拝見した品は短刀だが吉井の太刀には他の備前物とは違い独特な姿の物があり、これなどは非常に魅力的です。
http://kyoto-katana.at.webry.info/201205/index.html#0509
この記事の「古刀期で、本国物であっても嫡流から少し逸れた感じの品やメジャー流派以外の品の中に、少し異風で、一時代ずれたスタイルを持つ魅力的な作品を見ます。こういうのいいですね」この部分は吉井の太刀を言っています。
吉井って鉄が良いのでしょうか。茎の保存状態が非常に良い品を度々見る気がするのですが。あ、この件はデータ量少な過ぎですが。

室町期最上作の品を拝見。
良い研ぎ。上手い。

出先にて錆身や古研ぎ身を大量に拝見。
良い品が眠って居る。