新身新藤五

2014年09月18日

新藤五国光5
「国光」と二字銘。
銘振りから新藤五とわかりますが、銘に研究の余地があるものだそうです。
寸の割りに幅広でズングリとした姿は粟田口の短刀にありますが実はこの国光、重ねが大変厚く計測を逸してしまいましたが名物「厚藤四郎」ほどあったかと思います。
私には時代がある様に見えるのですが、新刀ではとの意見もあるそうです。
時代が有るとすれば、粟田口?新藤五国廣? 若ければ埋忠?
とにかくこの重ねが悩ませてくれるのです。
江戸時代には”厚新藤五”或いは”新身新藤五”などとして伝わっていたかも知れませんね。
銘の真贋が重要なのは当然ですが、そこで止まってしまうのはもったいないですね。 楽しみ方は様々です。
この押形は以前描かせて頂いた物ですが、とにかく大変出来が良く楽しめる品ですので所有者のお許しを得、UPさせて頂きました。