≪研磨外≫ 古刀 越後国 桃川住長吉

太刀 銘 桃川住長吉(越後国 南北朝時代)重要美術品

刃長 二尺三寸一分半 反り七分

桃川長吉1
南北朝期、越後国に住した桃川長吉の作である。
長吉は一説に甘呂俊長門というが、作風等から見て俊長との関係は薄く、地に綾杉を交える作を見る事などから現在では奥州月山鍛冶との関係が深いと考えられているようだ。
桃川派の刀工は数名いるが在銘の品が非常に少なく本刀はその稀有な作例であり、日本刀大鑑、重要美術品全集、刀影摘録、刀剣銘字大鑑等々、多くの刀剣書所収の品である。

作風は白ける地鉄に小錵出来の刃文を焼き綾杉は見せておらず、姿や刃文、帽子の風情などから宇多、藤島、出雲道永、石州直綱など日本海沿岸地域の鍛冶との共通性を感じる。
刀影摘録の作品解説に「地の中まで沸え込み、肌にからみて種々の模様を表す」とあるが実見すると研磨の加減かその働きを確認し辛い状態であった。
そのため押形では見え難い働きも一目で分かるよう強調し、少し実験的な意味での描写をさせて頂いた。