≪研磨外≫備後 備州住正廣作

太刀、銘 備州住正廣作(備後国 鎌倉末期乃至南北朝期)重要美術品

komiharamasahiro3
備後国古三原正廣在銘の太刀である。
「古三原」とは備後国三原鍛冶の鎌倉末期から南北朝期の作を差し、応永頃の品を「三原」、それ以降の品は「末三原」と称する。
古三原諸工の作風は大和国との深い交流の関係上、大和気質が強いものであるが大和本国に比べ少し穏やかな出来口に此の派の特色が看て取れる。
古三原派の代表工として正家、正広の二工が挙げられるがその多くは大磨上無銘の極め物であり、本作は正廣在銘の貴重な資料として重要美術品に認定されている。