≪現代刀≫近江 短刀 貞豊

短刀、銘 近江国貞豊 蘇民将来

刃長 八寸五分

sominn
滋賀の刀工「貞豊」の短刀である。
地鉄は綾杉肌。
肌目一本一本が単調にはならず、太さや鉄色の異なる物同士で形成されているため古風な趣が感じられる。
また、潤いを持った地鉄の底から湧き出るような綾杉肌で立体感を持っており見ていて飽きが来ない。
刃紋は直刃を焼く。匂口は綾杉と絡みつつも切られてバサける事無く、働きとして頃合で良い景色を見せ、沸出来にして匂い深く明るい仕上がりとなる。

茎に刻まれた「蘇民将来」とは、説話を起源とする民間信仰であり、 蘇民将来と書かれた木札や注連縄などを玄関に飾ることにより厄病から免れるといわれており、 まさに所持者の厄病の魔を切る御守り短刀である。