≪現代刀≫近江 太刀 貞豊

太刀 銘 貞豊 (近江国 現代)

刃長 二尺六寸 反り 六分五厘 茎長 七分一厘 元幅 一寸四厘 元重ね二分四厘

sadatoyosya-pu
鞘を掃うとインパクトのある綾杉肌が目に飛び込んで来る。
”インパクトのある肌”と言ってしまうと”嫌らしさ”なども連想するが、この太刀にそれは皆無である。

元から先まで単調に続く肌にはならず、切っ先に向かうにしたがい杢目や詰んだ板目状になるなど変化を見せる。
ただ平面に白く描かれるだけの綾杉ではなく、地沸や地景を織り交ぜながら幾層にも重なり奥行きを持ち、 地肌が立体的に表現されている。
刃文は直刃。 綾杉に焼かれる刃の固定観念を打ち破る、明るく冴えた刃である。

銘は太刀銘に入り、年紀は茎棟に切られている。 こうする事により、佩き裏には注文者の所持名や思い入れの有る言葉などを刻む事が出来る。
これも現代刀注文の大きな魅力の一つであろう。
田中貞豊刀匠HP
sadatoyoosigata6