≪新々刀≫陸奥 会津十一代兼定

刀、銘 岩代国和泉守兼定 以古刀鋳四方詰造

    明治三午年八月日 而為井上務實

刃長 二尺九分九厘 反り三分三厘

aizu4
幕末から明治期にかけ活躍した刀工、会津十一代兼定の刀である。
ネット上で会津兼定について調べていた所、外山様のサイトにたどりついた。
兼定について多数の資料と共に大変詳しく解説されており、刀美にも論文を発表されている。
是非こちらのサイトをご覧頂きたい。

押形の兼定、大板目でかなりの肌物である。
新々刀には間々見る鍛えだが、通常ここまで大肌の物は刃中にも肌が絡んでしまい、匂い口に芯が無く判然とせず地刃共に沈んでしまう物である。
しかし本刀は銘文の通り”四方詰”の構造のためか刃中に大肌は掛からず、 肌物の焼刃とは思えないほど明るく冴えた直刃となり、地肌に潤いが有り他の肌物とは違う落ち着きを見せている。
銘文に「以古刀鋳四方詰造」とあるが、古刀をおろし鉄として使い鍛えたと言う意味であろうか。(上記サイトにも同様の鍛え肌の刀がある)
aizusyasinn24
aizusyasinn21
aizusyasinn6