≪新々刀≫薩摩 薩州正良

刀、銘 薩摩官工秩父後胤平正良

    天明八年申二月

刃長 二尺二寸一分 反り 六分

masayosi
薩州正良は数代あるが本刀は後に伯耆守受領と共に正幸(まさよし)と名を改めた三代正良の作である。
正幸は薩摩新々刀を代表する鍛冶の一人で彼の作は銘を削り無銘にし、相州古作上位に化けさせられた物も多いと言われる。(しかし現代の鑑定では紛れる事は少ないと思われるが)
本作は薩摩刀独特の沸の強い地刃で「芋蔓」と言われる縦に長く伸びる働きも見せている。 地刃ともに明るく強い刀である。