≪新々刀≫武蔵 栗原信秀(大坂打ち)

刀、筑前守信秀於大坂 慶応二年正月日

刃長 二尺一寸   (江戸時代末期)

彫物 表 天鈿女命(あめのうずめのみこと)

   裏 山桜

nobuhide-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗原謙司信秀は生国越後。 後江戸に出て清麿の薫陶を受け作刀技術を会得、すでに身に付けていた彫刻技術を「刀身彫刻」として昇華させ、 他の新々刀諸工とは一線を画す作風を創造し多くの愛刀家の支持を得ている。

信秀は江戸末期の人だが、来歴などについてまだまだ明らかで無い部分も多い刀工である。

「日本刀について」

こちらは栗原信秀について研究をされている外山様のHP。多数の資料と論文を掲載しておられる。是非ご覧頂きたい。

本刀には信秀自身の手による緻密で美しい彫刻が成されている。
表が 天鈿女命、裏に山桜。
押形に有る様に彫物に焼刃が掛かっているが、これは焼き入れ前に彫りを行った事を示しており、 生ぶ彫りの証しと言える。(現在は超鋼タガネも有り注意が必要かと思う)
信秀は長州征伐の兵器補充の役をつとめるため元治から慶応にかけ数年間大坂に赴いて作刀しており、本刀の「於大坂」の銘からも その時の作品で有る事が分かる。
「兵器補充の役」とは言え、大坂打ちにも極めて手間の掛かる密な彫物を見る事からも 単に武器を量産すると言う立場では無かった事が窺える。

極めて砥当りの良い鉄質で、”柔らかいが明るい”と言う南北朝期以前の刀との共通性を感じる刀であった。
私の押形では沸の表現が不十分で、補足のため研磨途中の沸が見える画像をUPする。
jinie-1