≪新々刀≫武蔵 大慶直胤(備前伝)

脇差、銘 荘司美濃介藤直胤(花押)都(刻印)

     嘉永元年十一月吉日(時代 江戸後期)

刃長 一尺九寸 反五分

naotanekodati2
茎から腰付近の反り深く、切っ先を小さく結んでおり、二尺四~六寸の太刀をそのまま縮小したような姿である。
新々刀ながら小太刀と呼びたい大慶直胤”美濃介”受領直後の都打ちである。
直胤は全国各地へ赴き鍛刀しており茎の刻印によりその地を明らかにしている。
コロモ(三河)、サカミ(相模)、イツ(伊豆)、エンシウ(遠州)、イセ(伊勢)、シナノ(信濃)、 ナニハ(浪速)、ヒッチュ(備中)、ヲシテル(大坂)、助川(常陸)、ヅシウ(豆州)、宮(丹後宮津)、 そして都(京都)等々全国各地に及ぶ。 いやはや昔の人は健脚である。