≪新々刀≫周防 永弘

刀、銘 菊紋 一 横山加賀介門 周防國住永弘作 (江戸時代末期)

         千秋万歳 彫物同作

刃長 二尺二寸四分強 反り 六分

nagahiro

身幅尋常だが鎬幅を狭くし重ね厚め、反りをやや深めに造り込んでいる。
狭い鎬地に角止めの樋を彫り、その中に滝不動と玉追い龍の上手な彫りが有る。
茎の銘文に「彫物同作」と有るので永弘の自身彫と言う事である。
刃文は焼幅が大変広く、平地の殆どを占める。 刃中が複雑に働き、押形には描ききる事は諦めた。 おそらく則重に範をとったものであろう。
新々刀大鑑所載品。