≪新刀≫越前 下総大掾兼正

刀、銘 表 下総大掾藤原兼正

    裏 江州拾彦根以南蛮鉄造之

刃長 二尺三寸一分 反り五分

simohusa3
兼正は江戸中期越前の刀工で名鑑によると関兼法五世孫で後に江州彦根に移住したとある。
この兼正は地肌を柾目肌に鍛えており、それに伴い刃縁から中にかけて湯走り、金筋、砂流しなどがしきりに働いている。
また、本刀の柾目は古刀の保昌や新刀の仙台国包に見るような、大きく緩やかなウネリの有る柾目ではなく、一筋一筋がチリチリと 細かく縮れ、全体のウネリも複雑な状態をあらわす。
しかし決して大板目や流れる板目ではなくあくまで柾目肌である。
この様は越前鉄故か、はたまた銘文の通り南蛮鉄使用のためであろうか。