≪新刀≫豊後 高田宣行

脇差、銘 藤原宣行 (江戸時代寛文頃)

刃長 二尺一寸三分

takada
所謂、藤原高田の一人宣行(のぶゆき)の脇指である。
刃は沸が少々散り気味でこづんだ感は有るが、地鉄詰んで美しく健全。なによりも茎の保存状態が抜群で、銘字もタガネ枕が立ち鮮明。こういう健全な刀は今後も大事にして行きたいものである。