≪新刀≫肥前 近江大掾忠廣(忠吉二代)

刀、銘 肥前国住近江大掾藤原忠廣 (江戸時代初期)

刃長 二尺三寸七分 反り 五分

oumi
肥前忠吉正系二代目、近江大掾忠廣の打ち刀である。
肥前刀といえば美しい反り姿を想像するが、この刀は身幅広めで反り少し浅く中切っ先で力強い姿。そしてハバキ元から刀身中程以上に及ぶ素剣がさらにその印象を強くしている。
刃はいつもの忠廣とは少し違った印象を持つが、何かを狙った作であろうか。刃の谷や匂い口はいつも通り肥前独特の物である。