≪新刀≫肥前 献上銘忠廣(初代忠吉)

刀、銘 肥前國住藤原忠廣 (江戸時代初期 肥前国)

刃長 二尺三寸 反り 四分

kennjyou5

「肥前國住藤原忠廣」と八字銘の初代忠廣(忠吉)、所謂「※献上銘」の作品である。
二代の近江大掾忠廣も初期にこの八字銘を切る事から、銘の特徴を知っておかなければ二代初期作と混同する事があり注意が必要である。。
献上銘は銘字に特長があり「藤」の字の第12画目で通常の藤の字よりも一本多い文字になる事と、「廣」の字の 第一画のタガネが菱形になる事などがあげられる。
また特に入念に製作されたと言われ、銘のタガネも常の作より力強い打ち込みとなる。
本作は強くも精美な地鉄に沸の激しい刃を焼き、少し大振りで圧の強い銘を切り、謂れ通りの作品である。
本刀は八字銘の資料として肥前刀備忘録に所載されている。

※「献上銘」の呼称について、以下「肥前刀備忘録」より引用。
「その名称の由来が一部で正しく理解されていない向きもある。正しくは、鍋島家が幕府をはじめ各方面への進上物に使う時の注文にのみ、受領銘を省いて八字銘に切るよう、藩主から指示が出されていたものである。 初代忠廣が自作の刀を藩主へ献上するに当り、自らの官位を憚って受領銘を省いていたとするのはただの俗説であり、誤りである。」
kennjyouosigata1