≪新刀≫肥前 武蔵大掾忠廣(初代忠吉)

刀、武蔵大掾忠廣(江戸時代初期)

 (都合により茎にモザイクを掛けさせて頂いた)

刃長 二尺三寸九分 反り 五分

musasidaijyou
肥前国初代忠吉の後期、武蔵大掾忠廣の刀である。
鍛えは板目、地沸一面に厚く付き地景しきりに入る。刃は匂い口深く刃中激しく働き、地、刃共に覇気溢れる作。
とにかく古く見える出来で古作”江”を強く意識していると思われる。