≪新刀≫肥前 播磨守忠國(初代)

脇差、銘 播磨守藤原忠國

刃長 一尺一寸七分  反り一分六厘

harima4
肥前國、初代播磨守忠國の上々出来の平脇差である。
播磨守忠國は代を数台重ねているが、初、二代の銘字があまりに似ているため混同され、 また初代は「大掾」で終わり二代から「守」と切るとされる説が長らく存在したためさらに代別は混迷状態のようだ。
銘についてもなかなか興味深い刀工だが、忠実に茎仕立ての掟を守る肥前刀諸工の中で、 忠國は掟外しの茎仕立てを行っている点も注目される。
(「肥前刀備忘録」で詳しく解説)
押形の脇差であるが刃中良く沸え地鉄も詰んで大変美しい刀であった。