≪新刀≫肥前 出羽大掾行廣(初代)

刀、銘 肥前國出羽大掾行廣

刃長等不明

yukihiro4
肥前國行廣出羽守受領以前、出羽大掾時代の作品である。
初代忠吉の嫡流ではない行廣、正廣などは傍肥前(わきひぜん)と呼ばれている。
”傍”と言ってしまうとあまり良い印象では無いのだが、技量はすこぶる優れる刀工で肥前刀屈指と言えるであろう。
通常、モコモコと沸き立つ様な互の目に、間を置いた土取りの刀をよく見るが、本刀は所謂”足長丁子”風に焼き高く大変ぎやかな刃紋である。
(押形採取時は切っ先の形状が研ぎ崩れていたがこの度の研磨で修正した)