≪新刀≫肥前 住人源忠吉(初代)

刀、銘 肥前國住人源忠吉(江戸時代初期)

刃長 二尺四寸四分  反り七分

minamoto15
反り深めで重ねが厚く大変健全な刀である。
少し磨り上げて現状二尺四寸四分。 仮に生ぶ茎の状態ならば二尺五寸八~九分ほどもあり、忠吉刀としてはかなりの長寸である。
銘文に「源」姓を切っており、肥前刀大鑑(昭和54年発行)によるとこの例は他に10口ほど確認されているそうだ。
地はよく詰み、地沸が付き大変美しい。 刃中の働きも豊富で各所に二重刃も見せている。
焼刃の砥当りは古刀と同等に柔らかく、それでいて非常に明るいと言う古名刀と共通の鉄質であった。