≪新刀≫肥前 住人忠吉脇差 宗長彫(初代)

脇差、銘 肥前國住人忠吉作

同国住人鑿鍯宗長(肥前国 江戸時代初期)

刃長 一尺四寸六分五厘  反り二分八厘

rannmatadayosi3
鵜首造り、初代忠吉の脇差である。
小板目つみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かによく入る鍛え。
刃文は直刃調で浅く湾れごごろ、喰違刃や二重刃を交える。
添え銘の通り、宗長の手による欄間透で真の倶利伽羅が彫られている。
本刀は重要刀剣であり、図譜によると「宗長の欄間透は経眼これ一口のみ」 とされ「宗長の彫り物を研究する上で資料的に頗る貴重」とある。
また押形の通り、銘の一部が磨耗しているが、「上身の出来が出色で有り存分に補う」と出来を賞賛している。
彫り物を含めこの均整の取れた姿は、まさに最上作の位列に相応しい出来栄えだと感じる。 本刀は河瀬虎三郎旧蔵の品で、中央刀剣会発行の「肥前国忠吉考」(昭和三年)所載の品である。