≪新刀≫肥前 住人忠吉脇差    (初代)

脇差、銘 肥前國住人忠吉作(初代)(江戸時代初期)

刃長 一尺五寸五厘

img081
”住人忠吉”の脇差である。 大変よく詰み精美な地鉄に斑沸が付き直刃ながら大胆。
銘振りから元和五年二月の作であろうか。
大鑑によるとこの元和五年二月は多くの写し物に挑んだ年で、村正写し、景光写し、廣光写しなどあり特に意欲溢れる年であった事がわかる。
この脇差もその中で生まれた作風かもしれない。