≪新刀≫紀伊 南紀重国・脇差其の2

脇差、銘 於南紀重国造之 (江戸時代初期 紀伊国)

刃長 一尺四寸九分  反り 二分三厘

nannkiwakizasityoudo
初代南紀重国、直刃の脇差である。
「南紀の直刃=大和伝」と普通は考えるが、この脇差を見るとそれだけでは無い事が分かる。
地景の著しさ、激しい帽子、大変魅力の有る脇差である。
刃中が非常に沸付く出来で、押形を描く時これ以上書き込むと真っ黒な刃になってしまうのでこれに留めたが実物はもっと沸付いている。
計測を逸してしまったが茎の刃方の厚さが通常の脇差の倍以上は有ったと思うがもちろん先天的なものである。
打ち下ろし時は異様な程に区(まち)深く平肉豊かだったと言う事であろうか。
nannkisuguhawaki-1