≪新刀≫紀伊 南紀重国・脇差其の1

脇差、銘 於南紀重国造之

刃長  一尺五寸

nannkikannsei
重ね厚く平肉たっぷりで、樋がありながらも持ち重りのする脇差である。(この手持ちの重さは茎が短い事にも起因する。もちろんウブ茎で先もつまんでいるわけではない。南紀らしく大きな目釘穴である)
地はよく詰み青く沸付いて、チケイのしきりに混じる鉄。 刃は匂い口非常に明るく沸の強い部分はかなり深くなっており、幾箇所かに大和風の食い違いを見せる。
入札鑑定に出ると、私ならすぐに「初代忠吉」と入れてしまうと思う。 やはりこの食い違い刃あたりから南紀の答えを導き出さなければいけないのであろうか。 それにしても、慶長新刀諸名工はどこか共通する力強さのような物を感じる。
すでに重刀に指定されており、丁寧な研磨が行われていたが化粧の修復をさせて頂いた。
鑑刀日々抄所載で、「何人の手か不明であるが達筆で白鞘に「蕎麦屋重国 南紀三刀之一」と墨書きされている」と あるが、今はその白鞘も失われている。