≪新刀≫武蔵 長曽祢虎徹入道興里 寛文四年紀

脇差、銘 長曽祢虎徹入道興里

     寛文四年六月吉祥日(江戸時代前期)

刃長 一尺六寸七分五厘

kotetu
所謂「はねとらにゅうどういおき」銘と言われるものである。 同年この直後、銘の切り方を「虎」から「乕」に、即ち「ハネトラ」から「ハコトラ」に変えている。
虎徹の茎はどれも独特な色合いで、細鏨の銘の切れも相俟って大変味のあるものになっている。 帽子は典型的な乕徹帽子で地刃共に冴えわたり、細身ながら風格を漂わせる一刀である。
さすがに元々素晴らしい研磨の掛けられた刀で、私は前の研ぎを崩さぬよう、化粧の修復をさせて頂いた。