≪新刀≫武蔵 康継(江戸三代)

脇指、銘 康継以南蛮鉄 於武州江戸作之(江戸時代前期)
刃長 51.4cm 反り0.8cm
yasutugukannsei
康継家は二代没後家督相続問題が起こり、二代嫡子、二代弟で江戸と越前二家に別れる事となるが、その後も両家共に代を重ねている。
押し形は江戸三代康継である。
匂い口深く、小沸そろって刃明るく気持ちの良い出来であった。