≪新刀≫摂津 越後守包貞

刀、銘 越後守包貞(二代)

刃長 二尺四寸二分 反り 四分五厘

etigohoutei2
初代越後守包貞の弟子で、養子となり包貞を襲名。後に名を坂倉言之進照包と改める。 津田越前守助廣、井上真改と並び大阪新刀の代表工の一人である。
最初拝見した時は錆身状態で大きく曲がり、地ムラが激しい状態であった。 所有者の方から、「下地からきっちりと直して良い」とのお許しを頂いたので、棟、鎬地、平地と全てのムラを完全に除去し、幸い傷気も無く本来あるべき姿に復元する事が出来た。
etigohoutei3