≪新刀≫摂津 和泉守国貞(井上真改)

刀、銘 和泉守国貞(井上真改)時代江戸初期

刃長 二尺三寸五分五厘

inouesinnkai
京都で錆身として発見された刀である。
磨り上げて茎尻に五字銘。生ならば二尺六寸と言う長寸の刀。
この「和泉守国貞」と五字に切る時期は、承応二年八月日~万治四年八月までのおよそ8年間とされる。
この年代に該当する作刀は世上に少なく、脇差の作を見ず、殆どが長寸の刀であると ”井上真改大鑑”にあり、本刀も銘字から万治頃の作と見られる。

発見時、刀身は激しく曲がり、錆深く地ムラも著しい状態であったが名刀の生命力は強いものである。
地鉄のゆるみは一切無く、見事に冴え渡る刃文に仕上がった。
また、上身は錆身であったが茎の保存状態は大変良い。悪錆一切なく、タガネの一鎚一鎚が鮮明に残っている。
京都にはまだこの様な刀が眠っている。