≪新刀≫山城 出羽大掾国路

脇差 銘 出羽大掾藤原国路 (時代 江戸前期)

刃長 一尺五寸五分  反り 三分六厘

dewadaijyouwakizasi2
慶長新刀であり、埋忠明寿と並び新刀の祖と称される京の巨匠堀川国広。
その国広門中屈指の名工が出羽大掾国路である。
国路の技量は大変高く、新刀でありながら重要文化財指定の作品が四振りあり、内三振りは京都祇園の八坂神社への奉納品で現在も同社に蔵する。
本脇差も京都市中より流出する事なく近年まで埋もれ、錆身と言う形でようやく発見され日の目を見た品である。
錆身脇差ではあったが幸い深錆は無く、ひたすら健全。
刃区、棟区とも鋭く深く、茎状態も完璧で悪錆は一切無い。
押形を採ったのは研磨前であったため刃コボレや錆に被われていたが、研磨後は「本当にこれが錆身だったか」と驚くほど健全な状態を保持する事が出来た。