≪新刀≫尾張 対馬守貞重

脇差、銘 対馬以下切レ (江戸時代前期)

刃長 一尺五寸九分 反り 三分五厘

tusima
「対馬」以下が摺り上げにより切れているが茎尻に”守”の第一画の点が残っている。
対馬守と聞くと江戸石堂の対馬守常光が思い浮かぶが銘字から、尾張の対馬守貞重と思われる。
貞重は作位を見ると中作と揮わないが、刃味では大業物に選ばれておりなかなか興味の引かれる刀工である。
本刀は重ね厚く平肉たっぷりで、地鉄大変よく詰んでいる。 研磨にお預かりした時は、よく詰んだ鉄で硬そうだと思っていたが、
内曇を引けば大変食いの良い鉄で、刃中の掛かりも良く、地艶でもヒケの入らない沸粒の立った良鉄であった。
どの刀もこういう質なら苦労は無いのだがやはり中には難しい刀もある。