≪新刀≫大和 文殊四郎包守 石河土佐守利政

刀、銘 石河土佐守源利政 南都藤原文殊四郎包守太郎兵衛造之

             乙未承応四暦正月二日(江戸時代初期)

刃長 二尺五寸三分

monnjyu
石河土佐守源利政。所持名かと思い名鑑を見ると刀工として載っていた。 しかし系統や国は不明である。
刀は利政と大和文殊包守の合作。 身幅広く重ね厚く、長寸で堂々の姿である。
地は少し肌が粗めではあるが、それすら力強さだと感じられるほど明るく冴え、豊富に働く広直刃。
文殊の祖は手掻包次だと言われるが、新刀に下ってもこの系統は各地におり、南紀重国、筒井紀充、左陸奥や越後守包貞など名工を輩出している。