≪新刀≫加賀 加州住兼若

脇差、銘 賀州住兼若(江戸時代 延宝頃)

刃長  一尺八寸 反り三分

kanewaka
すでに研ぎ上がっている加州兼若の脇差であるが、物打ち辺りに鞘ズレが有るという事で、 白鞘の掻き入れ直しや化粧直しの為にお預かりした品である。
あまりにすっきりとした出来であったため、押形とHP掲載のお許しを頂いた。

加州では「たとえ禄が低くとも”兼若”を持つ者には嫁にやる」と言われるほどの誉れ高き名工である。
同地に於いて代を重ねて居るのであるが何れも上手で、本脇差は三代四郎右衛門の作。
研磨の加減でかなり沈んではいるが、板目流れ地沸豊に付き、地景のしきりに掛かる地鉄。 兼若独特の箱乱れを交えた刃文を焼いている。