≪新刀≫備前 長船祐定(永正九代)

刀、銘 備州長船住祐定(江戸時代寛文頃)

    永正九代末葉

刃長 二尺二寸九分 反り九分五厘

eisyoukannsei
名鑑に載っているだけでも祐定は古刀新刀合わせると百数十人いる。 古刀期では与三左衛門尉祐定が特に上手、新刀では上野大掾祐定とこの”永正九代”が双璧と言われる。
「永正九代」とは、室町時代後期の永正頃に活躍した与三左衛門尉祐定の九代目と言う意味で、この永正九代祐定も与三左衛門尉を名乗っている。
本刀は、反り深く焼刃高く一部鎬に掛かる勢い。 地鉄詰んで全身に映りがよく出ており、茎の長さを除けば古刀期の末備前の上々出来と見えてしまう品である。
日本刀備前傳大鑑所載の品。