≪古刀≫山城 三条吉則

短刀 銘 三条吉則作 室町時代中期文明頃

刃長 五寸七分 僅かに内反り

山城 三条吉則
小さくて重ねも薄く、可愛らしい短刀である。
皆焼(ひたつら)は、南北朝時代の相州秋廣や廣光、山城国長谷部一派等に多く見られ、室町時代には全国に広がり流行している。
この短刀も皆焼であるが、刀絵図では省略してしまった。今となっては残念でならない。
硬く無く自然な趣の刃を焼く。 保存状態良好で上品な黒塗りの合口拵えが付帯している。